2019年11月24日日曜日

slåtter live @cafe_Mofree

昨日は雨風のひどい中お越し下さり誠にありがとうございました!工夫して席確保するほどのお客さまが来てくださいました。

今回、ピアニストの安保美希さんと共同で企画をしました。コンセプトはノルウェークラシック音楽作曲家のEdvard Griegがハーディングフェーレ曲をアレンジしたピアノ曲集があるのですが、そちらから5曲を選び、まず僕が原曲を弾きその後に安保さんがそのアレンジされたピアノを弾くという所謂、聴き比べですね。
以前もブログに書きましたが、小学校で音楽の時間に安保さんと行った授業で1曲その中からやったんですね。その時に、こういう形でもう少しやってみたいですねとお話してから、少しずつ曲を増やして、今回のライブが形になりました。→その時のブログhttps://kei-hara.blogspot.com/2019/03/45.html

ハーディングフェーレ伝統曲を聞いたことがある方ならわかるかもしれませんが、少々癖のあるメロディーのため、ガッツリ伝統曲だけのコンサートは初耳の方にはずっと聞くには少し大変かなと思っている所があって...(もちろんそれだけで成り立てば素晴らしい事です)
日本では伝統音楽よりもクラシックの方がなじみがある方も多いのでは?と思った時に、クラシックと伝統音楽を同時に行えるコンサートはもしかしたら入り口としては良いのかなと思いました。
ノルウェーを良く知る安保さんのピアノはとても素敵で、普段のクラシックとはまた違う伝統曲ベースのクラシックですが、その曲の理解をしっかりされて弾いていらっしゃるので、聞いていてとても心地よいです。そんな素晴らしい演奏家さんと僕みたいなアマチュアが一緒に弾いて良いものかと、今でも贅沢な経験だと感じています。でもこういう機会があるおかげで演奏面も頑張れます。この間のノルウェー滞在中は修行の如く練習しました。
ライブ最初はとても緊張して震えがやはり出たものの、その後は落ち着いて演奏できました♪楽しかったです!
セットリスト
Geirr Tveitt:Velkomne med æra(Piano&Hardingfele)
Fossegrimen(HFソロ)
Halfdan Kjerulf:Springdanse2曲(pianソロ)
ここからグリーグ曲集から
Jon Vestafe,Springar
Bruremarsj frå Telemark
Haugelåt Halling
Gangar etter Myllarguten
Røtnams Knut,Halling

足を運んでくださった皆様、cafe_Mofreeの店主さまと猫さま、ありがとうございました!(^^)こちらのカフェでは毎月コンサートを行っている様です。http://mo-free.com/
さて、もっと練習してノルウェーの土着感を表現できるように頑張ります♪

2019年11月22日金曜日

ノルウェーな週末

明日はいよいよピアニスト安保美希さんとミニコンサートです。既に多くのご予約いただけてるようでうれしいです。個人的に難しい曲もやるので、無事弾き終えられると良いのですが…頑張ります♪
翌週11月30日は有栖川宮記念公園で野外イベント。小さいお子様向けの無料イベントです。ノルウェーのお話や音楽と豆カンナ削り体験など予定しております♪こちらも既に早い段階で定員に達したの事ですが、立ち見などある模様。詳しくはイベント会場へお問い合わせください。http://www.arisugawa-park.jp/inquiry/index.html

2019年11月15日金曜日

秋と冬

ノルウェーは縦長な国。僕が滞在していたBøはどちらかといえば南側です。
10月は紅葉も美しい秋でしたが、標高が高い所や北ではすっかり雪景色。このように場所によっては景色がだいぶ違ってきます。


↑Bøの10月。ちょっと演奏しにと山登って、湖に着いたけれど、弾くには既に寒すぎました笑

10月中旬、西部ハルダンゲル地方にバス旅した際にHaukeli地区という標高の高い場所を通るのですが、とても美しい雪景色が広がっておりました。ここは観光地としても有名で、ハルダンゲル地方には時々行ったりしていたので、何度も通った場所。一度だけそこのレストランで、職人さんとランチしたのが、小さくもいい思い出です。




この様に同時期でも秋と冬が楽しめますが…極端な話、こちらの夏の間も完全に氷が溶け切らない地域もあって、夏に雪山を見るのは何とも不思議な景色です。
ノルウェーの自然豊かな景色は日本にはない特別なものです。もちろんフィヨルドなどもありますし、人生に一度は訪れても損はない国です♪

2019年11月12日火曜日

帰国とお知らせ

本日無事に帰国致しました!
まずは工房再開のお知らせです!
11月17日より再開ですが、お問合わせは受け付けておりますので、下記まで宜しくお願い致します。
fiddle@keisukehara.com


出発当日の前の晩から雪がゆっくり深々と降り続き嫌な予感...
オスロ空港へはかなり早く着いたものの、乗り継ぎで向かうコペンハーゲンへの出発がかなり遅れ、これは流石に間に合わないかも状態...一応フライト中に乗務員さんに、次これ乗るのだけど…と聞くと、あぁ…これね~みたいな反応で、「同じ状況の乗客が他にもいるの。たぶん大丈夫だと思うわ!ただ...走ってね!」と。
...そりゃ走るでしょうね(笑)
飛行機を降りられたのが次の便出発の20分前。これはまずい…急いで走るとすぐ入国審査の所でしかもスッカスカで一瞬で済ませ、そのままゲートまでダッシュ...ちょうど搭乗中でした。無事間に合って良かった。時計見ると降りてからゲートまでの間、たったの5分ちょっとで着いた快挙。
多分同じ状況の人がいたからか、入国審査のそばの所に飛行機停めてくれたのかも?
ともあれ、何とか帰国致しました。最終的には無事に終わるのが常ですが、その道中は結構色々なことが起こります。そういう運命ですかね?笑
さて、製作に修理に演奏に、頑張っていきます!
皆様からのお問合わせもお待ちしております^^

2019年11月4日月曜日

作る事と直す事

こちらにいる間色々お世話になっているので、少々工房のお手伝いしています。
いつもお話していると思うのですが、ハーディングフェーレの製作技術、例えば細かい部分の丁寧な木工技術、綺麗に接着など、簡単に言えばそんなところですが、そうした技術は昔は高くはありませんでした。もちろん職人によりけりですが、ヴァイオリン製作の技術と比べるとやはり多くの製作者は劣るところがありました。僕のヴァイオリン職人としての経験から正直に申し上げると、これは素晴らしい木工技術だと思えた楽器、職人さんはほんの極僅かです。
趣味、またはプロだとしても中には、しっかりとした教育がないまま、楽器製作をやっていた方が多かったため、今も荒い作りの楽器は度々工房にやってきます。最初にここに来た時に出会った修理のハーディングフェーレ達のクオリティーには驚愕したものです(笑)教育がなければ仕方ないことですし、型にはまらない自由な楽器こそ民族楽器の良さでもあると思っています。そのおかげで飽きることはまずないでしょう。
そんな「これどこから直せば良いのか…」とフリーズするような楽器たちを相手に修理修復をこなしてきました。

前置き長くなったのですが、では、そうした質の良くない、自身の製作には真似たくないな...と思う楽器達は自身の経験に役に立たないかというとそれはないですし、そうした楽器から学べることは多くあると思います。なぜこの修理が必要になったのか?こう作るとどういう問題が起きやすいのか?
音に関しても同様です。こういう風に作るとどういう音になる傾向にあるか?木の質、厚み、サイズ、アーチの高さ、F字孔のサイズ等。こうした楽器があるおかげで、自身の楽器では同じことをしなくて済むのと、逆に採用をする事もあります。
楽器を直すことは、楽器を作る上でもとても重要な事だと思います。
逆もまた然り、楽器の丁寧なつくり方を理解していると、直すときにどうするべきかが見えてきます。もちろんハーディングフェーレはサイズや作りも多種多様なため、自分が目指したい修理が必ずしも毎度出来るわけではありません。妥協しなくてはいけないことも多々。その中でも、出来る限り、しっかりとした修理、良い音を出す努力をしています。
先人の作品は興味深いものが多いです。真似したいかは別としてね(笑)

今回も色々楽器を見て、職人さんともお話する中で、色々製作に関して、作りたいものが見えてきました。早く帰って楽器、作りたいですね。まずはオーダー頂いている楽器を頑張って作っていこうと思います^^

文字ばかりではつまらないので、今回見た楽器の中でちょっと載せてみます♪





2019年10月27日日曜日

Hardingfele Forum2019(番外編)

番外編です。
金曜、土曜と毎日セミナーが終わると夜はみんなでパブへ。
こちらでは皆さんリラックスしながら、お酒を飲んだりご飯食べたり、談笑したりする中でもやはりハーディングフェーレは演奏されます。
ここはpub・Valkyrien。ヴァルキリアンといえば、ノルウェーバンドの名前を思い浮かぶ方もいらっしゃる方思います。Valkyrien All starsのメンバーがこのパブで出会ったことから、その名がバンド名になったそうです。


Anne Hyttaさん Ottar Kåsaさん Håkon Høgemoさん♪
その後別のお店に移動して、続きました。。。
毎度そうなんだけど、こういう飲み会になるととにかく長い…遅くとも1時くらいにはお暇したいけど、付き合っていると3時、4時とか普通にあり得る^^;なので土曜の夜は早く帰りました笑 
自身で家や宿まで帰れるときは遠慮なく帰る。そうしないと体がもちません...

Hardingfele Forum2019

続きです。
さて、ゆっくりしたのも束の間。その金曜日から日曜日まで行われるハーディングフェーレのセミナーに参加する為、再びオスロへ。
駅に着いた時、すごい人の数。オスロに着いても金曜日の日中なのに、すごい人。
聞いたらちょうど1週間のお休みだそう。そういえばそんなのあったなと…イギリスとかでいう夏と冬休みの間のハーフタームみたいな感じかな。

会場はオスロ市内Majorstuen(高級地)にあるNorges musikkhøgskole(Norwegian Academy of Music).ここに来るのは2回目ですね。


今回は楽器や音楽のお話を長年活躍されている方々(写真は左Håkon Høgemoさん 右 Knut Buenさん)のお話やSetesdal地域のお話と演奏はHallvard T. Bjørgumさん、Valdres地域のお話Oddrun Heggeさん、弓Niels Røineさん、楽器製作、修理のお話など、ハーディングフェーレに関する内容ぎっしりの3日間。当然全編ノルウェー語でしたので、理解が難しいので今回は主催者の方にお願いして、録画を行いました。時折見ながら注意深く聞いています。久しぶりの方も初めましての方々も色々交流できて良かったです。ただ思ったより人が少なかったな。若い人もいたにはいたけど、1日だけとか、いても極僅か…若い人もたくさん奏者いるはずなんだけど、意外とこういう所にはいらっしゃらない印象。たぶんそのハーフタームの時期と重なったのもあったのかも。
ともかく。最終日、ハーディングフェーレ奏者のAnne Hyttaさんのミニコンサートがあったのですが、本当に素晴らしい演奏でした。そうそう、彼女のソロの前に彼女が組んでいるバンド(ピアノ、ギター、トロンボーン、ハーディングフェーレ3人、パーカッション)と異色の組み合わせのコンテンポラリーな演奏でした。こちらの感想は少々難しい^^;良かったなと思った反面逆もありましたが、でも長い1曲行っただけでしたので、本来はもっと他にあると思いますので、是非機会があればそちらを見てみたいと思いました。
さて、ソロに戻りますが、彼女は長く奏者として活躍されており、とても素晴らしい演奏家です。校舎内の会場も良かったのだと思うのですが、ハーディングフェーレの音色は過去聞いた中でも最高級に素晴らしく、撮影で立っていたのですが、座るだけのその動作一つの雑音も出したくないくらい聞き入っておりました。それで今回録画に専念していたので、写真がほとんどなくすいません^^;
充実のひと時でした。

2019年10月14日月曜日

台風

台風による多くの被害、遠くの国からニュースなどを通して拝見しました。新たなニュースが上がるたびに被害者の数が増えていくのにとても心が痛みました。
また救助中の事故もとても辛いニュースで、亡くなられた方や救助に当たった方々のお気持ちを考えるとあまりにも辛く
前回の台風やここ近年の自然災害は異常に思います。先日こちらの方ともその異常気象に関してお話しておりました。根本的な原因があるのであれば、改善しなくては。
先ほどノルウェーのニュースを見ていて、こちらでも取り上げられておりました。
長く自然災害大国である日本。他国のお手本になれるほどの知識と経験があるはずが、その対応、避難所等の乏しさに疑問を感じてます。適切な税金の使い方を望みます。
亡くなられた方、被害に合われた方々に哀悼の意を表します。
そして、被害を最小限に留め広がらないこと、救助にあたっている方々も安全の下作業を行っていただきたいと思います。微力ながらご支援させて頂きましたが、役に立ってもらえると良いのですが。

2019年10月12日土曜日

帰る場所

11時半ごろ発のStavanger行きに乗りBøへはオスロから約2時間。こちらの列車はあまり速くないので、距離に比べて時間が掛かります。しかも道中止まったりと割と遅れる...
 前席の女の子の座席下…
Bøについて、職人さんと再会。まずはスーパーでお買い物食材など調達。
その後は下の男の子のお迎えに学校へ。しかし教室にいない。こういう時は森に先生らと遊びに行っている様です。
 森。ガッツリと。
 こんな感じで遊んでおりました。
ずいぶん大きくなって今6歳かな?男前度も増してました。
お家へ着くと家が一部増築されていて驚き!職人さんのお父さんがせっせと働いてました。その後、娘さんと奥さんと再会して皆で夕食。
さて、今回のお土産のリクエストはポケモンカード。前からポケモン好きなのは知っていたので、以前もグッズを買っていったことがありました。ノルウェーではポケモンGoがポケモン人気を再燃させたそうです。
特に下の男の子は詳しい。ソルガレオというキャラが好きらしいので、それが入っているシリーズをボックスで二人にプレゼント(ボックス買いとか大人しかできない夢の買い物w)。ただ事前にそのキャラが入っているかは保証できないことは伝えていたので、僕自身もドキドキしてました。
 30パック全部その場で開けました。(分かるぞその気持ち 笑)ソルガレオは当たらなかったけど、それに関するキャラ(たそがれのたてがみ)が当たって大喜びしてました。しかもちゃんとそのキャラの事を把握して、お母さんに説明してました。詳しい。
ちなみにこちらのポケモンカード、1パックいくらなのか聞いたら50クローネらしい。。。今のレートだと600円近くする。。。高すぎる^^; もちろん物価の違いはあるけれど、ここまでとは思わなかった。日本だと150円?かな。
家から見える近くの山には既にうっすらと雪化粧。
少しの変化と変わらない空気、安心感を感じながらその日はゆっくり過ごしました。

秋のノルウェー

部屋にネットが通ったので、書けてなかった滞在記を書いていきます。
もう10日以上あっという間に経ってしまいました。
日本はちょうど台風が通っている最中かと思います。どうぞご無事で。安全にお過ごしください。被害が少ないことを祈ります。

9月30日に成田から発ち、同日にノルウェーのオスロ着。
その日は一泊でいつものcityboxホテルへ。リーズナブルで駅近なので、空いていればここをよく利用します。長旅で疲れてはいたけれど、翌日のBø行きの電車のチケットを買いにオスロ中央駅へ行くついでに少し周辺をフラフラと…特に珍しいというわけではないけれど、もう冬並みに寒い一桁台温度の秋夜の都会を散歩。このブログではこういうベタな写真は載せてなかったような…なので。少し秋のオスロを載せてみます。

 オスロ中央駅前

 オペラハウス
 来年オープン図書館



 国会議事堂
 去年来た時にはなかった?気づかなかった?この写真右の乗り物。街中に至る所に配置…というか放置されていた。

 ちょうど兵隊さんが通った
こんな信号の合間にも放置されているので、これは放置!
乗っている人も適当なところで下車して、置いて行ったのを見た。そしてそれをまた別の人が乗って街中を移動していった様子を見ました。今はこの電動キックボードがオスロでは良く使われているんですね。
疲れていたけれど、澄んだ秋の空気を吸ったらとてもリフレッシュになった。
翌朝は電車が11時半だったので、朝カフェへ。こちらでご活躍されているジャーナリストの鐙麻樹さんに以前連れて行ってもらったTim Wendelboeに行ってきました。
前回の時よりも座れるスペースがたくさん出来て、のんびり過ごせました。
 右が飲む様。左が注ぐ様。
店内
そしてBøへ

2019年9月22日日曜日

ハーディングフェーレ・イベント@あざみ野カレッジ

昨日はハーディングフェーレのイベントにお越しくださり誠にありがとうございました。
横浜に長く住んでいる身として、横浜でこのイベントが出来た事はまた特別でした。
当初予定していた定員を超える多くの方々にこの楽器を知ってもらえてとても嬉しく思います。



今回企画をご提案して下さったあざみ野カレッジの高田さん。今まで企画のサポート側がメインだったらしいのですが、今回は初めて講師を自ら指名して自身でイベントを企画されたそうで、お話を聞くと、こうして財団など通さず直接個人に出演依頼をすることは珍しい様でした。きっと企画を通すのも大変だったのではないかと思いましたが、高田さんのこのイベントに対する気持ちが通じたのだと思います。結果として定員拡大、あざみ野カレッジに初めて参加する人も多くいらっしゃったり、お客さんの反応も良く、と良い形でイベントを終えることが出来て、こちらも安心しました。

昨日は自身も演奏を4曲させて頂きましたが、実は予定では6曲やる予定でした笑
というのも話の流れ上、入れるはずだった演奏のタイミングを逃してしまい…この辺りは毎度臨機応変の対応が必要です^^;
ちなみに演奏曲は順に
Moghusfela,gangar
Tjønnblomen(オールドスタイルのハーディングフェーレで弾いた曲)
Bruremarsj fra Seljord(結婚式)
Haugelåt, Halling(アクロバティックなダンスのリズムの曲)
()は昨日来ていただいた方にも分かり易いように。

休憩中は皆さん休憩時間を忘れるほど楽器に興味を示してくださいました。

お客さんの中には高校時代の友人も駆けつけてくれました。
こうして当時からの友人の前で自身の仕事の話をする不思議な感覚…でもお世辞抜きでめっちゃ楽しかった!と言ってくれたので嬉しかったです♪差し入れもありがとう!

こうして無事に横浜講演を終えました。改めて企画担当高田さん、館長の森井さん、会場設置して下さったスタッフの皆様、宣伝にご協力してくださった皆様、お越しくださった皆様、誠にありがとうございました!
今回の出逢いがまた何かに繋がりますように。


昨日の夜は一人打ち上げでイベントの宣伝もして下さったお店へ。同日お誕生日だったお店の方のお祝いも兼ねて行ってきました!サプライズでハッピーバースデーをハーディングフェーレで弾いたら、まさか泣いて喜んでくれました。そこまでとは思わずびっくりでしたが、良かったです♪先週は怒涛のロージングweekとイベントで無事に色々終えて一安心です。さてぼちぼちノルウェーへ向けて準備していきます



2019年9月11日水曜日

定員拡大!

いよいよ10日後9月21日と迫った横浜でのハーディングフェーレのイベント。
今日も当日に向けて準備などしておりましたが、あざみ野カレッジさんから連絡があり、なんと定員40名ほどを超え50人近くにまで増えたそうで、定員の拡大が決定し70名程度になりました!
もしご興味あって、お申込みまだの方がいらっしゃいましたら、是非この機会に!
詳細は下記へ
https://artazamino.jp/event/azamino-college-0921/

最近読んでいる本Flatland一族に関する物で、ハーディングフェーレ奏者史の中でも外せない方々。
とくにHalvor Flatlandさんが一番有名なのかな?彼らが残した曲は今もたくさんあって、最近好きでよく聞いている。特にLigangarenがお気に入りです。Liという場所があって、Bøにいた頃、時々通ったりしてました。同時期に活躍していたLars Fykerudさんも有名で、1888年に行われたBøでの初めてのKappleik(大会)ではLarsが一位、Halvorが2位だったのだけど、ジャッジに異論があったらしく色々揉めたようです...審査はいつもね、色々難しいなって感じます。審査員の好みもある気がしてます笑
HalvorやLars Fykerudなどspotifyなどでも検索すれば曲はヒットするはず、是非聞いてみてください。ちなみにHalvorの曲ならTorkjell Haugerudが弾いているものがおすすめHalvorから直接教わったとあって、素晴らしい演奏が聴けます。

2019年8月31日土曜日

ノルウェーへ!

8月もあっという間に過ぎて行きました。
若干暑さは和らいだような気もしますが、ジメっとする暑さは続きますね。
さて9月末~11月12日でノルウェーに行ってまいります。
今回は一か月少々ですが、現地でハーディングフェーレのカンファレンスがあったり、色々予定があるので、しっかりスケジュールと体調準備して行きたいと思います。
修理などの受け付けは9月22日までとさせていただきますが、修理内容と受付日により、修理をお受けできない場合もありますので、ご了承くださいませ。お早めにご連絡頂けますと幸いです。
受け付け再開は帰国後になりますので、また決定しましたら、お知らせいたします。
暑い中頑張った楽器のメンテナンスなどお待ちしております。
原圭佑