2020年11月11日水曜日

【イベント告知】12月13日Norwegian Christmas Concert @ Norwegian Icons

 今年は予定していたイベントもなくなったりもして、もうないかなぁと思っていたのですが、先日、東京にあるノルウェーの家具などを扱うNorwegian IconsのオーナーさんとSlåtterなどでお世話になっているピアニストの安保美希さんからお声をかけて頂き、今回イベントを立ち上げる形となりました。

ノルウェーの家具に座り、ノルウェーのフグレン珈琲を飲みながら、ゆっくりノルウェーの音楽と実際体験したノルウェーのクリスマスの写真とお話をしながらのんびり過ごす時間になればと思います。内容、注意事項、ご予約などの詳細は下記ページにてご覧くださいませ。

※フェイスブックページの参加予定ボタンのみでは予約は確定されませんので、ご注意下さいませ。メール、電話等にてご予約お願い致します🙇

よろしくお願い致します。

https://www.facebook.com/events/728768968021571/?acontext=%7B%22source%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22plan_user_invited%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&notif_id=1605086641386914&notif_t=plan_user_invited&ref=notif




2020年11月3日火曜日

ハーディングフェーレは意外と軽い?

 ハーディングフェーレを初めて持つ方々が仰る感想の中でよく耳にする一つが

「思ったより軽い!」

です。

ヴァイオリンをやっている人たちでもそれは同様です。きっと装飾の多さと共鳴弦、それによってペグも多いなど、見た目からくる印象で重く見えるのかもしれませんね。

という事で、計ってみました!前回の共鳴弦アジャスター付きのも今あるので、比べるには良い機会かもしれません。

今回比べた6種の楽器がこちら


左から順に重さと楽器の解説を行っていきます。


①自作ハーディングフェーレ(4弦+5共鳴弦)437g

ボディーは今まで作った中では若干小さめ。ボディーとペグボックス枠の装飾なし、テールピースは本来は通常の装飾の物をつけていますが、今は臨時で共鳴弦用アジャスター付きのテールピースをつけています。

これから他の重さも出てきますが、個人的な感想は思った以上に軽い!このテールピースはどうしてもアジャスターのせいで重くなってしまうので、どうかなと思っていましたが、意外とそんなことなかったです。

➁自作ハーディングフェーレ(4+5)459g
No.3の楽器で、この頃はネックが今より厚め、頭もちょっと重たいデザインかなと思います。フルの装飾を施した楽器です。ボディも①よりかは若干大きいのもあり、先ほどより少し重い結果になりました。

③ノルウェー生まれ1929年製のハーディングフェーレ(4+4)474g
装飾はいたってシンプルではありますが、ちょっと重いですね。板などの厚みが原因かなと感じます。

④自作ハーディングフェーレ(4+3)362g
こちらはオールドタイプのハーディングフェーレという事もあり、ボディも小さく、装飾もとてもシンプル。さすが、軽いですね~ここまで軽いと、うわ、軽っ!と感じます。
⑤自作ヴァイオリン(フルサイズ4/4)432g
処女作のヴァイオリンですね。ヴァイオリンのおよその重さはうまく言えるわけではないですが、この重さは決して軽いとは思いませんが、重いとも思いません。
学生の時に使った質がそこまで高くない木材ですから、少々重めかもしれません。今作ればもっと軽いのが作れるはず...
⑥自作ヴァイオリン/フィドル(7/8サイズ)393g
先日ご紹介した新作の楽器です。サイズも小さいという事もあり、やはり軽いですね。
扱い易くて良いです♪

以上となります。
いかがでしょうか?個人的な感想としては、ハーディングフェーレの枠や指板、テールピースの装飾を施してもそこまで重くなるとは感じませんでした。
楽器の重さは作り手によって、いろいろ変わるので、簡単に比べられるものではないですが、結果ハーディングフェーレはヴァイオリンのフルサイズと比べて、装飾、ネックがヴァイオリンより長い、共鳴弦などがある割には大した差はないと思いました。
共鳴弦が付いていても、ヴァイオリンと同じくらいの重さで共鳴音が得られるのは良いですよね。
今回はあくまで一例です。板の厚み、もともとの木材の重さ、本体のサイズなどによって重さは変わってきます。








2020年11月1日日曜日

共鳴弦のチューニング

 11月になりました🍁

さて、今日はハーディングフェーレを演奏するではよく話題にあがる共鳴弦のチューニングの問題についてのお話です。

通常は他の弦同様にペグで行います。E弦についてはヴァイオリン同様アジャスターをつけるのも一般的です。しかし、E弦と同じくらいの細い共鳴弦はアジャスターがありません。つまり、ほかの弦よりも、ほんの少し回しただけで音程が大きく変わってしまうチューニングをペグで行わなければなりません。ただ、難しい感じに聞こえるかもしれませんが、ペグの状況が良好で、あとは慣れればそんなに難しいとは実際は感じません。

しかし、ハーディングフェーレでコンサートを行う奏者たちにとっては曲の合間のチューニングは素早く行いたいところ。

しかし、ここでいつも思い出されるのは、ノルウェーでハーディングフェーレのコンサートを観ていた時、ご年配の女性が

「この時間もハーディングフェーレのチューニングもコンサートの一部だから良いのよ♪」

と仰っていたこと。僕もそう感じているので、正直あんまり気になりません。

それは個人の意見なので置いておいて...そうは言っても流れも大事ですよね。

この共鳴弦をアジャスターと同様に細かくチューニングする方法としては、2つ。

1つは今では一般的なギアのペグを使うこと。このペグはヴァイオリンで元々開発されたものですが、共鳴弦のチューニングにはとても良い効果があります。普通にペグを回す感じなのですが、音程の調整がアジャスターのように細かく出来るようになっています。

僕の楽器でも以前、共鳴弦付きフィドルを作ったときにこのペグを使いました。ノルウェーにいた頃も使用する機会がありました。

ただこちらのデメリットは弦交換が面倒。普通に回していてもアジャスターくらいの微々たる音程してか変わらないので、初めにたくさん回すのが大変。それ用の専用の工具はあったと思いますので、これがないと少々面倒かなと。最新のギアペグの精度は詳しくないので試したいと思うところですが、以前の経験からすると、ペグを巻いている最中に細い共鳴弦がギアペグの小さな隙間に食い込んでしまうことが多々あり、弦を切ってしまうことも。

結果として共鳴弦の配置を変えることで何とか解決はしましたが、少々扱いにくい印象でした。

あとはハーディングフェーレ特有の装飾ペグが作れないこと。伝統的なデザインをした中にはちょっとミスマッチ感のあるペグの素材。

そのあたりが気にならなければ共鳴弦のチューニングをする上ではとても便利なギアペグです。ですので、ご要望があればギアペグを付ける。という感じですね。


もう1つはテールピースにアジャスターをつける事。今回はそちらの方法を実験し試作品を作りました。前々から奏者の方々と話すと、テールピースにアジャスターがあれば...という事を度々耳にしておりましたので、作ってみることに。

こちらのデメリットとしては、共鳴弦の数だけアジャスターをつける事になるため重たくなる事。またテールピースの長さの半分近くをそれに占領されるため通常のハーディングフェーレのテールピースの装飾が出来なくなる。(部分装飾になる)

これを作るうえで、既存のヴァイオリンのテールピースは使えないので、(一応試しましたが駄目でした。)テールピースを1から作ることになります。この辺はハーディングフェーレと同じですね。

あと、単純にアジャスターを付ければ良いというものではなく、配置、弦がぶつからない、弦交換の際問題なく出来るか、駒の共鳴弦を通る高さより低い位置から弦が飛びださないといけない。など結構色んな事を考えなくてはなりません。

そこで出来たのがこちらの形


色々考えましたが、今の所この形以外考えがつきませんが、上記の問題をすべてクリアは出来ています。
シンプルなように見えて、このテールピースの裏側では繊細なお互いの配置の攻防が・・・
重さはやはり感じますが、アジャスターとしての機能はしっかりと果たしてくれています。すでに改善点は見えてますが、大きな問題はないので、しばらく使って経過見て問題なさそうであれば、次回はこれの改良版を作ろうかなと。
これであれば、弦交換時もペグで瞬時に必要な音程まで持っていけますし、その後アジャスターで微調整が可能となりチューニングの時短が実現します。
興味ある方はぜひご相談くださいませ。




2020年10月8日木曜日

7/8サイズのフィドル(ヴァイオリン)

新しく本日公開致しました楽器は7/8サイズのフィドル(ヴァイオリン)です♪
出来上がってから数週間経ちますが、自分で言うのもなんですが、とても気に入っております。
前回タイトル「試み」で書いた楽器ですね。https://kei-hara.blogspot.com/2020/07/blog-post_25.html

弾いていてとにかく思うのこの楽器の音色は、穏やかで優しく心地良い暖かさがあります。
もちろん、作り、弦やセットアップをそっち方面にフォーカスを入れいているのが大きいですが、自分の楽器史上ではその点は一番だと思います。音量重視よりかは音色重視。またアンサンブルで前に出過ぎない周りに馴染みやすい音色だと感じます。セッションなんかにも良いかもですね。サイズも小さめなので、4/4が大きいと感じる方にもおすすめしたいです。
この間工房にいらしたハーディングフェーレ、ヴィオラ、フィドル奏者の野間友貴さんにも少し弾いて頂いて、好印象のようで、またご意見も頂けたので良かったです!ありがとうございました<m(__)m>
そこから色々彼とお話していて、これをもとにいくつか新たに作りたい楽器も生まれたので、挑戦していけたらと思っています。
本当にこの楽器作ってよかったです。ハーディングフェーレを作っていたからこそ生まれた楽器だと思います。
ご興味ある方はお気軽にご試奏しに遊びにいらしてくださいね。色んなご感想頂けたら幸いです。
fiddle@keisukehara.comまでお問い合わせください。


さて、前回のブログの続きを放置したままでしたので、ここでお話すると。
指板のカーブはクラシックヴァイオリンではおおよその形が統一されていると思いますが、今回はカーブを緩やかにしています。それは駒の頭のカーブに関係します。
こちらも指板同様決まったカーブの形があります。私は、両者の形は全く同じではないにしても、少なからず比例して来る所があると思っています。
クラシックを演奏する際には弓の角度などから、適切なカーブですが、クラシックを弾かないフィドル奏者からすると一般的な駒のカーブはどうなのか?という事に着目しました。
今までフィドル奏者の駒を見させていただきましたが、大抵クラシックよりかはカーブが浅めな印象があります。カーブが緩やかだと、弓の移弦がしやすく、また重音を多用する民族音楽には向いていると思います。
クラシック駒はカーブがそれよりも深いため、移弦は前者に比べると時間がかかるかもしれませんが、その分一弦一弦がはっきりと分かれており、またそれは弓と腕の動きに関係してくるため、クラシックに大事な繊細な強弱はより出しやすくなる気がします。
まぁあくまで個人的な感想ですが^^;
この辺り、いろんな方のご意見伺いたいですね。
そういう理由もあり今回はフィドル向けのセットアップにしています。

もちろんどちらの奏者でも自身の弾きやすい駒(または指板)の形があると思うので、どちらがどちらじゃないといけない!ということはありませんので、悪しからず<m(__)m>

簡単な見た目の比較
左4/4フルサイズ、右7/8サイズ
7/8のボディーサイズ348㎜、弦長324㎜。

2020年8月22日土曜日

指板作り(動画)

 久しぶりにYouTubeに動画を投稿しました♪HPには数日前にアップしていたのですが、指板作りの工程はちょっと面白いかなと思って投稿しました。

ハーディングフェーレのオールドスタイルの方の指板の製作動画です。寄木でちびちび作ります。

2020年8月8日土曜日

ハーディングフェーレ No.10 !

 ハーディングフェーレ新作のご紹介です♪

本日オーナーさんへの引き渡し完了致しました!

まずは作品から





今回はハーディングフェーレの18世紀頃に良く見られたスタイル。私は簡単にオールドスタイルと呼んでおりますが、細かく言うと18世紀頃活躍したハーディングフェーレ製作のBotnen家のスタイルの更にTrond Botnenの作品なので正確にはTronda-Feleスタイルと呼ばれます。No4の時に色々説明したと思うので、この辺りは割愛します。

前回と違う点はまず共鳴弦が4本で、前回は3本でした。お客さんのご要望で増やしました。

あとはデザインが所々違うかな~というくらいです。

頭の後ろの彫っている部分のいくつかのデザインは以前ノルウェーのご友人の営むレストランを訪れた際に見かけた壁に飾られていた古いモチーフたちから来ています。

それぞれに意味を持っているこれらのモチーフ。そのうち細かく意味を説明できたらと思います(^^)♪

昔のスタイルのハーディングフェーレなので、こうした昔のモチーフを楽器にあしらったらいいかなと思い今回使わせて頂きました。

その他楽器のお写真はHPのギャラリーにて是非ご覧ください♪

https://www.keisukehara.com/gallery

2020年7月25日土曜日

試み

試みはいつも成功するわけじゃない。やるためには時間も必要。でもその試みがなければ何も新しい発見はありません。
試みる前は過去の経験から、こうしてみようああしてみようとアイデアが出てくる。その中から一つを選んで行う。
今作っている楽器はその一つで、見た目はごく普通なヴァイオリン。
だけれど、今回は「フィドル」という事を意識して作っています。もちろんそれ以外にもあります。まずはサイズが7/8。
通常ヴァイオリンのフルサイズは4/4ですよね。子供の分数楽器サイズは1/32~3/4。(1/64もあるけれど、あまりみかけないかもですね。)
大人のサイズには4/4の他にそれよりも少し小さい7/8サイズというものが存在します。
とはいえ、子ども用分数楽器のサイズ程一般的に多くあるものでもないかもしれません。

むかーしむかし、イギリスの製作学校の先生から「上ナットの幅はアジア人の手であれば、通常より狭くても良いかもね」つまりそれは指板のサイズにも関わってきます。
もちろんアジア人が皆がみんなというわけではないですが、僕の印象でもイギリスやノルウェーなどいた時も思っていたけど、手が大きい人が多い…
7/8製作を考えたのはそれだけが理由ではないけれど、4/4が大きく感じる人も日本ではいらっしゃるようです。何より僕自身、そのサイズの楽器を作ってみたいと思っていたのもあり、今作っています。
今日は白木で出来たので、UVにいれました。
サイズが小さくなったため、ネックが少し狭く、弦長も若干短くなっています。そうすることにより、指を抑える間隔が若干狭くなります。小指が届きにくい、しんどい人には良いかもしれませんね。
今回の表裏板のアーチは普段よりもふくよかにしています。ハーディングフェーレと同じというわけではありませんが、ハーディングフェーレでは豊かな響きにはそうしたアーチが有効だと感じます。製作時にはその辺も意識しました。
また指板と駒のカーブも今回はフィドルを弾くうえで弾きやすさを求めてこだわっています。
次回は駒と指板のカーブの関係について書いてみようと思います♪

2020年7月22日水曜日

短い期間

楽器の製作は、弦を張ったら完成なわけですが、お客さんにお渡しする前にしばらく自身で毎日弾いて、色々調整してからお渡しします。その辺りはヴァイオリンとハーディングフェーレでは期間が微妙に異なるかなと思います。
あくまで最低でもこれくらいは欲しいなと思う期間は、ヴァイオリンで1週間くらい、ハーディングフェーレは2週間。
ハーディングフェーレは共鳴弦もある関係で、指板の厚みがヴァイオリンと異なるせいか、弦を張ると圧で指板が下がる傾向にあります。それが馴染む期間として出来れば2週間は欲しいといった感じですね。
どちらの楽器にしても弦を張りたて、出来立てとなると楽器本体が落ち着かないので、毎日弾いて微調整をしていきます。
とはいえ当然そんな1~2週間で安定するわけではないので、こちらでその期間調整したら後は奏者にたくさん弾いてもらって、メンテナンスの時に調整して...を繰り返して行くわけですね。人間が病院や整体に行くのと同じようなものです。
というわけで、新生児に先日弦を張ってここ数日毎日弾いては微調整を行っています。
こうして新作と過ごせる期間は短いので、まだお渡し日は決まっていないけれど、それまで楽しみます♪
ここ数か月ピュレグミが好きすぎて、よく食べてます。
美味しいですよね。ピカチュウ可愛いし...

2020年7月19日日曜日

後ろ振り返ってしまう...

今日は晴れましたね関東♪
しっかり陽を浴びてきました。
ここ数日サブ作業台にずっといてくれたこの子。
製作中のハーディングフェーレ(オールドタイプ)なのですが、なんか色合いと形と雰囲気の全体のバランスがとても好きで作業中もついつい時々振り返ってこの子を眺めてしまいます。

明日弦張ろうかな。

2020年7月16日木曜日

メールが届かない?

最近工房からのメールfiddle@keisukehara.comが届いていないことがちょくちょく起きているみたいなのですが、普通に送れる人には送れているみたいなので、受信側の設定かな?と思っているのですが…
こちら宛てのメールの返信はなるべくすぐにしているので、もし数日経っても返信がないという方は、迷惑メールに振り分けられていないか、受信設定のご確認、返信がないとお知らせ頂くか、お電話等でご連絡頂けますと幸いですm(__)m

ご面倒お掛けしますが、宜しくお願い致します。

2020年7月13日月曜日

ラベル作成

昨日、楽器内部に貼るラベル作りたいなぁと思っていて、パソコンでデザインできるんかな?と思ってInkspaceというフリーソフト使って作ってみた。
今までは毎度全て手描きで描いておりましたが、毎度微妙な手間というか自分が描いたり、文字書くの下手なので、失敗してやり直すのが嫌と言うのもあって^^;
これはこれで好きなんですけどね。
因みに左のロゴはヴァイオリンの処女作からずっと描いてるもので、何となくヴァイオリンぽいのを描いているわけではなく、分かり難いかもですが、このロゴの中に僕のイニシャルのKとHが隠れている事から、当初から使ってきました。でもまぁそこまで気に入っているかと言われると、ん~という感じではありまして…多分もっと良い感じのデザインにすれば良いのかもだけど。せっかく工房のロゴもあるのだからそれを使いたいなと思いました。
ちゃちゃっと作ってみたのが、こちらです

以前のが結構わちゃわちゃ詰め詰めで描いていたのもあって、なんかすごいスッキリしてる感じです^^
通常ヴァイオリンなどのラベルは長方形が一般的だと思うのですが、あえて楕円形にしました。これはハーディングフェーレのGunnar Røstadのラベルが一部楕円形で素敵だなぁと思ったので、自分もそれにしてみました♪
また四角ヴァージョンのも、それこそ以前のラベルのロゴだけ工房のロゴ使用したタイプのも良いかもですね。機会があれば作ってみます。

2020年7月12日日曜日

江ノ電沿いのカフェ

昨晩の、神奈川だけではないと思いますが、雷すごかったですね。
おかげで目が冴えてしまい、あまり眠れず今朝は睡眠不足...ぼぉーとするし、なんかこのまま仕事始めてもうまく進まなそうだなと感じたので、しかも久しぶりの少しお天気回復もあって、午前中は運動に変更しました。
家から長谷駅までひと山越えて歩いて行きました。グーグルさんでは1時間ジャストとの表示でしたが、結構速足で歩いていたので45分くらいでしたね。
日曜日という事もあり車はそれなりに走っておりました(この辺りの普段を知らないのでこれが多いのかどうかはわかりませんがw)
でも日曜日の午前中でこの辺りでは少ないのではと感じました。海でも軽く見て帰ろうかと思ったのですが、道中以前から行きたかったカフェがある事を思い出し、休憩兼ねて伺ってみました。
お店入ると、何やら撮影しているご様子で、あ、これは無理かなと思ったのですが、大丈夫という事でお邪魔しました。
浴衣姿の素敵なモデルさんがカフェで色々撮影されておりました。夏ですね~
それともう一つ思い出した事、ここにはノルウェーにあるカフェFuglenの珈琲が置いてあるのです!フグレンは日本にも東京に2店舗かな?あるんですよね。1店舗以前伺ったことあります。
店主さんに、お話伺ってみると、Tim Wendelboeさんの事もご存知で話が進みました♪
オスロにあるTimさんのお店にも2度伺ったことありますね。↓記事より
https://kei-hara.blogspot.com/2019/10/blog-post.html

店主さんはとても気さくな方で、面白かったです^^
このお店では音楽ライブも行っているらしく、ヴァイオリニストさんもライブしたりするみたいです。今はこの状況ですから、中々難しいのかもですが、機会あれば観に行ってみたいですね。音楽にもお詳しそうで、フィドルといっただけで通じますし、アイリッシュの事もご存知でした。楽器にも興味持って頂けたので、次回はハーディングフェーレ持っていこうかなと思いますが、さすがに歩いてはこの時期きついかもですね(笑)汗だくだくで帰宅しました^^;せめて自転車くらいないとなぁ。

スッキリして、お昼からはお仕事と楽器に貼るラベルの作成を行ってみました。
ラベルは次でご紹介します~